NEWS!!!


YOUNG JAMERICAN

 

 new T-shirts.

 

令和元年

 

 

8月15日

 

『地獄の季節』に

 

「近代の途方もない野蛮」と

 

、生きる。

 

 

 

 

†卍 

 

 


 

YOUNG JAMERICAN発売

 

 

ものすごくアオくてなかがアカ!!

 

1セット 864¥(送料・税込

 

「ビックリしたロ?」

YJ

 

一体あれはナンダ?」

思想半

 

 

 

 

 

 

「官房長官の発表がまもなく行われる様子です。官邸の記者会見場…わ…。(♪)総理大臣官邸で小渕官房長官が新しい元号について記者会見を始めます。…小渕官房長官の発表です。」

「よろしいですか。…ただいま終了いたしました閣議で、元号を改める政令が決定し、され、第一回臨時閣議後申しました通り本日中に交付される予定であります。新しい元号は「 」であります。」

 

2018.8.15

「 成 」Tシャツ

先着でZINEをプレゼント!!!

 

《「ああ、諸君、人の人生の何と短いことか!(……)どうせ生きるなら、王を踏みつけて生きよう。」

「歴史そのものが自然史の、自然の人間への生成の、一つの現実的な部分である」

「人間的歴史──人間社会の生成活動──のなかで生まれてくる自然」

「ここで、人々の成し遂げた仕事が時間によって滅ぼされぬよう、彼の調査結果を提出する……」

「神の国は近づいている」

「そして過ぎ去る時間を使って、われわれは過ぎ去ることのない永遠の中に入るだろう」

「青春、それはなんと美しいことか──だがそれは、あまりに早く過ぎ去る」

「かつて歴史があった、だがもはやそれはない」

「自分が作る歴史的時間を生きたいという要求の中に、自分たちの革命の企図の忘れえぬ単純な中心を見出す。そして、それまで常に打ち砕かれてきたこの企図の実行の試みの一つ一つが、新たな歴史的生を産み出しうる一つの出発点を示しているである」

「不可逆的な時間は世界的に統一される。全世界がこの時間の発展の下に集められることで、普遍的歴史が一つの現実となるのである。だが同じ時間に世界中どこでも同じであるこの歴史は、まだ歴史の内部での歴史の拒否でしかない」

「世界のあらゆる場所で社会の一般的時間として公式に認められている時間は、それを構成する専門化された利害を意味するだけの、特殊な時間でしかない」

「われわれが所有しているのは、時間だけだ。だがそれは居住を持たぬ者にも恵まれている。」

「時間がすべてであり、人間は何ものでもない。人間はせいぜい時間の残骸でしかない」

「人間的発展の分野」「完成品の」「サーヴィス」「楽しい会話」「いろんな人との出会い」「すべて込み」

「個人から独立して存在するすべてのもの」

「世界は、既に一つの時間の夢を所有している。今、それを生きるための意識を所有せねばならない」

 

思想半

 

「今のキブん?平静です。」

 

YOUNG JAMERICAN

 

 

 

👓


 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2017.8.15

YOUNG JAMERICAN

PRAYER」T-シャツ

販売開始!!!

 

購入者先着でデザイン制作段階でシルクスクリーンでコピー用紙に刷られたA3サイズのポスターをプレゼント!!!

さらに今年は「YOUNG JAMERICAN LOGO」団扇も!!!

無くなり次第終了となります。

 

 

「生者は祈る。

  

 

この習慣はもっとも古く深い

宗教が生まれるより前に

人が授かった業(わざ)の1つ

 

我われは祈る、

 

人間の良心もそこにある。」

 

思想半  

 

「ジュージカの次は卍だよ そーだろ?

ナチスじゃないよナチスのはジュージカだよ」

YOUNG JAMERICAN

 

 

photo:ア・イエイエ


2016 8.15

YOUNG JAMERICAN

LOGO-Tシャツ

販売開始!!

 

 購入者先着でYOUNG JAMERICAN LOGO Tシャツのデザイン制作段階で描かれたイメージドローイングをプレゼント!!

*極少数枚なので無くなり次第終了となります。

 

「鉄の鳥居に2礼2拍 白幕に咲く菊4つ

両手合わせ頭を垂れ拝む

重ねた親指見りゃ十字」思想半

 

「コーシロー右と左の脳どっち使ってんだ?」YOUNG JAMERICAN

 

 

 


KOSHIRO MAKINO

 

EXHIVISION

 

「視点-diary2012-2016」

2016

5.14~5.15

 

「その目は、ずっと太陽を見ていた!」思想犯

 4年間、自宅兼アトリエとして生活した家からの引越しのタイミングを使い、2日間のみ展示スペースとして個展を開催します。

今ままでに発表したペイント、ドローイング、コラージュ作品や新作、未発表作品などたくさんの展示を予定しています。

 生活と制作の中で壁に貼られた写真やメモ、落書きと共に家の中に溢れる作品、窓やルーフバルコニーからの光景、それらは4年間私たちが見続けた景色でもあり、私たちが作った1つの景色でもあると思います。

 本展示は、家の中という生活の根幹に位置する場所を舞台に、私たちの『視点』で生活と制作の日々を振り返り、その時間を一緒に楽しんでもう、ということを目的としています。

 

「その目は、ずっと太陽を見ていた!」

(本展示はマンション内での展示のため、お越し下さる方はご連絡を頂ければ、住所等のお返事を改めてこちらから送らせて頂きます。)

 

 


              KOSHIRO MAKINO

                   

                     EXHIVISION

 

                            Pika

                       Little Boy

                            2016                     

                       3.11~3.18

                        OPENING PARTY

   2016年3月11日(金)OPEN/START 20:00 ~

 GUEST LIVE:永山愛樹(TURTLE ISLAND,ALKOD)

                  YOUNG JAMERICAN

                           AT  INSIDE BOUND

 

 

 ピカ!また光った、眩しいな(ピカ100万回)

 

展示期間中、INSIDE BOUND店内で今回の展示の為に作られた新しいシャツや、Tシャツ等の販売をします。 

 

OPENING PARTY当日に商品を購入した人のみ、先着で

YOUNG JAMERICANがミックスし、

KOSHIRO MAKINOがアートワークをしたCDの配布を予定しています。また、数量限定でシャツ、Tシャツ、バッヂ、ポスター、CDのセットを販売します。

 

「ピカ!と、青空が光ったあの日から、コーシローと長い時間話し合ってきた。俺たちは何処へ行くんだろう、と。(中略)俺たちは長い間眠っていた。心と体を引き裂かれてきた。俺の産まれた町に音楽は流れてなかった。だから黙っていたんだ。YOUNG JAMERICANとは誰か?お前の事さ!YOUNG JAMERICAN



KOSHIRO MAKINO

                               

First Exhibition

       

〜YOUNG  JAMERICAN〜

 

2015年7月3日(金)〜8月2(土)

          at: SHINJYUKU BE-WAVE

 

 

OPENING PARTY

2015年7月3日(金)OPEN/START 18:00 ~

 

 LIVE:東京月桃三味線

         K-BOMB